カテゴリ:娯楽(映画) > インタビュー

名古屋 短編映画の聖地・TheaterCafe(シアターカフェ 名古屋市東区白壁4-9)にて、【シアターカフェ移転&リニューアルオープン1周年記念開放祭】が開催された。全26作品、5プログラム。料金は、1ドリンク注文(600円~)のみ。新型コロナウイルス(COVID-19)感染防止対策の一環 ...

誰しも、忘れてしまいたいような忌まわしい記憶を持っている。甘酸っぱい思い出にまみれた青春など一握りの幸せ者の特権に過ぎず、苦じょっぱいトラウマを抱えて生きる者が大多数だろう。もしも苦々しい記憶に立ち向かうことができたなら、私たちの明日は、未来は、何かが ...

もう数えるのも馬鹿馬鹿しい幾度目かの新型コロナウイルス(COVID-19)緊急事態宣言が各都道府県に布かれる、2021年5月。5月8日(土)ユーロスペース(渋谷区円山町)でロードショーが始まった『なんのちゃんの第二次世界大戦』が、5月22日(土)いよいよ名古屋シネマテーク(名古屋市 ...

『カミハテ商店』(12/山本起也監督)『嵐電』(19/鈴木卓爾監督)など、エンターテインメント、アートの枠に留まらない良作を次々と世に出し続ける、京都芸術大学(旧名称:京都造形芸術大学)映画学科による、プロのスタッフと学生による映画製作プロジェクト【北白川派】。そ ...

“中”ヒットで、絶賛公開中の映画『ゾッキ』。地元・蒲郡市出身の「孤高の天才」大橋裕之が原作ということで、愛知県でも大いに盛り上がりを見せている。※よろしければ、こちらもどうぞ※ 4月18日(日)、映画『ゾッキ』と蒲郡市とのコラボイベント「ゾッキの日」が開催され ...

籔下雷太監督 待望の長編デビュー作『BOY』(2019年)、3月13日(土)より遂に名古屋でも封切りとなった。(同時上映:『吉祥寺ゴーゴー』17分)※よろしければ、こちらもどうぞ※ 首都圏を除き新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大による緊急事態宣言は解かれたものの、愛知県 ...

ただいま絶賛公開中の、天野千尋監督『ミセス・ノイズィ』。※よろしければこちらもどうぞ※ 東海では、伏見ミリオン座(名古屋市中区錦2丁目15−5)にて上映中で、1月24日(日)には天野監督、長尾卓磨(吉岡裕一 役)さんによる舞台挨拶も開催された。※よろしければこちらも ...

愛とミステリー、芸術とエロス、スキャンダルとオカルティズム……禁忌(タブー)に溢れた「ばるぼら」(小学館『ビッグコミック』1973〜74年連載)は、手塚治虫のコミックの中でも異彩を放つ大人の漫画である。昭和という時代を席捲した傑作が、稲垣吾郎、二階堂ふみというスタ ...

武正晴監督、奥山和由プロデューサー、作家・中村文則が再び集い、全く新しい『銃』の作品世界を再構築した、『銃 2020』。伏見ミリオン座(名古屋市中区錦2丁目15-5)でコロナ禍後初の舞台挨拶を行い、大いに観客を沸かせた武正晴監督は、その後も取材に答えてくれた。『銃 20 ...

↑このページのトップヘ