カテゴリ:娯楽(映画) > 舞台挨拶レポート

映画『21世紀の女の子』とは、21世紀に生きる15名の「映画の女の子」たちが織りなす、星座のようなオムニバス映画。8分以内の短編のテーマは、「自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーがゆらいだ瞬間が映っていること」。『おとぎ話みたい』(2014年/51分)『溺れる ...

『銃』(主演:村上虹郎/2018年/97分)『イン・ザ・ヒーロー』(主演:唐沢寿明/2014年/124分)の武正晴監督の最新作『きばいやんせ!私』が、全国で公開されている。原作・脚本は、脚本家で映画監督の足立紳。武監督・足立脚本は、『百円の恋』(主演:安藤サクラ/2014年/113分) ...

豊橋市や愛知県にゆかりの作品を上映する【ええじゃないか とよはし映画祭】も、今年が第3回の開催となる。3月9日(土)、穂の国とよはし芸術劇場PLAT(豊橋市西小田原町)に、上映作品『ミスミソウ』(監督:内藤瑛亮/2018年/114分/R15+)の舞台挨拶を取材した。登壇したのは、内 ...

千三百年の古都・奈良より、怪作が届いた。大津皇子と中将姫の伝説、そして伝説を元に民俗学者・折口信夫が著した「死者の書」から着想を得たという『かぞくわり』だ。離れ離れで暮らす、否、同じ家で暮らしながらもバラバラな……「割れた家族」が巻き起こす数奇なドラマを ...

『ジャンクション29』(監督:ウエダアツシ、山田晃久/102分)……30歳を目前に控えた29歳の若者たちの悲喜こもごもを、軽妙かつ繊細に描いたオムニバス映画が、いよいよ2月22日(金)よりロードショー公開となった。よろしければ、こちらもお読みください映画版『ジャンクショ ...

吉本ばななが自ら最高傑作と語る『デッドエンドの思い出』は、短編小説ながら多くの人々に愛される作品だ。そんな『デッドエンドの思い出』が、映画化された。日本国内に留まらず海外でも高い支持を集める原作に相応しく、映画『デッドエンドの思い出』は日韓合作映画となっ ...

30歳を目前に控えた29歳――2月22日(金)よりロードショー公開となる『ジャンクション29』は、大人になりきれない29歳の若者たちの悲喜こもごもを、軽妙かつ繊細に描いたオムニバス映画だ。4人の29歳を演じるのは、連続オリコン1位を獲得するなど快進撃を続けている、名古屋発 ...

宅間孝行監督が世に問う、渾身のワンシチュエーション活劇『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』。三上博史14年ぶりの映画主演としても話題となっている作品だが、とにかくその内容が観客に衝撃を与えている。1月18日(金)に全国ロードショーされるや、リピーターが続出して ...

昨年20周年を迎えた劇団「前方公演墳」の演目『セブンガールズ』は、2004年の初演から熱狂的な支持を集め、4度の再演を重ねた作品だ。映画『セブンガールズ』は、そんな人気作の劇場映画版である。『セブンガールズ』ストーリー誰も負けるなんて思っていなかった戦争が終わっ ...

累計部数250万部越えの大ヒットコミック『がっこうぐらし!』(原作:海法紀光(ニトロプラス)/作画:千葉サドル)が、遂に実写映画化された。実写化プロジェクトには、Jホラーの金字塔『呪怨』シリーズを手掛けた山口敏功プロデューサーが参加し、山田悠介原作の映画版『リア ...

↑このページのトップヘ