カテゴリ:娯楽(映画) > 舞台挨拶レポート

トランスジェンダー女性の俳優オーディションを日本で初めて一般公募した、映画『片袖の魚』。ひかり役を射止めたイシヅカユウにとって、映画初主演となる。『片袖の魚』は9月18日(土)名古屋シネマテーク(名古屋市千種区今池1丁目6−13 スタービル 2F)で初日を迎えた。監 ...

『片袖の魚』ストーリートランスジェンダー女性のひかり(イシヅカユウ)は、熱帯魚の飼育・展示を手掛ける会社で働いている。生きづらさを感じることは度々あるが、ショーラウンジで働く千秋(広畑りか)、職場の同僚の辻(猪狩ともか)、上司の中山(原日出子)らの支えもあり、都 ...

名古屋インディーズ映画の聖地・シネマスコーレ(名古屋市中村区椿町8−12 アートビル 1F)で待望のロードショー公開が始まった、渡邉高章監督『土手と夫婦と幽霊』。※よろしければこちらもどうぞ※ 封切りの2日間9月11日(土)12日(日)には、主演の星能豊さん、カイマミさん ...

豊田利晃監督が令和のニッポンに放つ、強烈な一撃。全国順次ロードショー公開中の『全員切腹』は、26分という尺に完成度、満足度、そして、主張、熱量が叩き込められた、稀有な傑作だ。2019年『狼煙が呼ぶ』、2020年『破壊の日』と合わせて【狼蘇山(おおかみよみがえりやま) ...

英国の配給会社「サードウインドウフィルムズ」に見いだされ、第27回レインダンス映画祭の新人監督コンペティション部門で上映されるなど国際的に注目を集めた話題作が、コロナ(COVID-19)禍を物ともせず一般上映され、話題になっている。その映画のタイトルは、『ドブ川番外 ...

「あらゆる厄(わざわい)吹き飛ばす 脳天直下のパラダイス」キャッチフレーズも鮮烈な大厄祓い映画、その名も『脳天パラダイス』。映画界の異端児と称される鬼才・山本政志監督5年ぶりの新作が、名古屋シネマテークにやってきた。2021年8月7日(土)、新型コロナウイルス(COVI ...

7月17日(土)~25日(日)シアターカフェ(名古屋市東区白壁4丁目9)で開催されている、【『のさりの島』公開記念 山本起也監督ドキュメンタリー作品特集上映】『ジム』レビューは、こちらをどうぞ 『ツヒノスミカ』レビューは、こちらをどうぞ 山本起也監督の舞台挨拶レポー ...

7月17日(土)~25日(日)シアターカフェ(名古屋市東区白壁4丁目9)で開催されている、【『のさりの島』公開記念 山本起也監督ドキュメンタリー作品特集上映】7月23日(金)は、山本起也監督が舞台挨拶に立った。『ジム』レビューは、こちらをどうぞ 『ツヒノスミカ』レビュー ...

マンガ少年漫金超(季刊まんがゴールデンスーパーデラックス)エイリアン(少年KING増刊)月刊ベティリュウ(アニメージュ増刊 SFコミックス リュウ/別冊アニメージュ SFコミックス リュウ/別冊アニメージュ SF COMICS リュウ)少年キャプテンメディウム季刊コミックアゲイン ...

苦じょっぱい青春のトラウマに、立ち向かえ!すでにお伝えしているように、6月25日(金)より全国順次ロードショーが始まった映画『Bittersand』(杉岡知哉監督)は、新たな青春映画の金字塔と呼ぶに相応しい、令和ゼロ年代の傑作である。 『Bittersand』インタビューは、こちら ...

↑このページのトップヘ