カテゴリ:娯楽(映画) > 作品レビュー

原作:吉田修一  ✕監督:大森立嗣『さよなら渓谷』から10年、最強タッグによる待望の新作『湖の女たち』が、いよいよ5月17日(金)よりロードショー公開となる。『湖の女たち』ストーリー 大湖の畔に建つ介護療養型老人ホーム「もみじ園」で、100歳の男性が低酸素症で亡く ...

『戦争と一人の女』(2013年)『激怒』(2022年)など、20年以上のキャリアを重ねてきた俳優・牛丸亮。 そんな牛丸亮が、監督として初の劇場用長編映画を携えシネマスコーレ(名古屋市中村区椿町8−12 アートビル 1F)にやってきた。 映画のタイトルは、『クオリア』。 元々は ...

4月14日(日)ミッドランドスクエアシネマ(名古屋市中村区名駅4丁目7-1 ミッドランドスクエア5F)で【シネマトークライブ 松岡ひとみのシネマコネクションVOL.58】が開催された。 今回の上映作品は、4月12日(金)よりロードショー公開が始まったばかりの 『貴公子』 (監督: ...

映像制作チーム「シネマ健康会」を率い、国内外の映画祭・劇場でシネフィルの目を奪い続ける、松本卓也監督。 そんな稀代の映画作家・松本卓也監督の最新長編作品が届いた。 しかも、2本! 『あっちこっち じゃあにー』 (105分) ストーリー お笑い芸人・末松(松本卓 ...

閑静な住宅街であり、阿佐ヶ谷、高円寺、荻窪など都下でも有数の商圏、文化圏を持つ 、杉並区。 59万人と23区内でも6番目の人口を抱えつつ、昔から続く商店街や、豊かな緑地に恵まれた人気の土地柄だ。 劇作家・演出家のぺヤンヌマキは、そんな杉並に20年以上暮らしている。 ...

日本における防疫を語る上で、日本が島嶼国である事実から目を背けて語ることはできない。 地政学上、などと大仰に論を進めるまでもなく、21世紀しかも元号が刷新されて久しい現代においてすら、新型ウイルスなどの疫禍に直面するにあたり、いまだに「水際」などという言の ...

「掖済(えきさい)」という言葉を認知する人は、それほど多くないはずだ。 なにせ、辞書を紐解いても「掖済」という言葉は見つからない。 「掖」は腋(わき)に手を添えることを表し、「済」は救い助けることを表す。 すなわち、「掖済」とは傍に寄り添い助けることを意味する ...

映画パーソナリティー松岡ひとみさんとミッドランドシネマで送る「だいたい月イチ」の名物企画、【松岡ひとみのシネマコネクション】。 2024年3月10日(日)ミッドランドスクエアシネマ(名古屋市中村区名駅4丁目7-1 ミッドランドスクエア5F)では【VOL.56】が開催された。 上映 ...

映画『映画の朝ごはん』が、3月2日(土)シネマスコーレ(名古屋市中村区椿町8-12 アートビル1F)で封切となった。 タイトルを聞けば、撮影現場の食事の実情に迫るドキュメンタリー映画かと思いきや、そんなミニマムな話では終わらない。 撮影時のみならず、人間にとって必要不 ...

↑このページのトップヘ