カテゴリ:娯楽(映画) > 作品レビュー

「2018年のベストムービー」「青春映画の新たな金字塔」との呼び声も高く、アメリカで社会現象まで巻き起こした話題作が、いよいよ9月20日(金)から日本でもロードショー公開となる。タイトルは、『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』。ボー・バーナムの映画監督 ...

瀬長亀次郎(せなが かめじろう)は1907年6月10日 沖縄県島尻郡豊見城村(現、豊見城市)生まれの政治家で、沖縄現代史における最重要人物の一人。アメリカ統治下で那覇市長に選ばれ(1956年)、戦後沖縄初の国政参加選挙で衆議院議員に当選、以後7期(1970年〜1990年)連続で務 ...

まるで廃墟のような山麓の施設には、重度の認知症患者、障がい者、寝たきり老人たちが監禁されている。家族から、社会から見棄てられた弱者が最後に頼りとするのは、ギャング団の吉岡(奥野瑛太)、元ヤクザの小田(國村隼)らアウトローたちだ。女子高生・洋子(植田紗々)の裸 ...

8月23日(金)より全国ロードショーが始まる、映画『火口のふたり』が凄い。2010年『ほかならぬ人へ』で直木賞作家となった白石一文の『火口のふたり』が原作で、白石作品は今作が初の映画化となる。脚本、監督は、鬼才・若松孝二と時代を築いた日本映画界のレジェンド、荒井晴 ...

インドから、珠玉の一本『あなたの名前を呼べたなら』が届いた。ただし、『あなたの名前を呼べたなら』は、私たちが思い描くインド映画ではない。本作には、アクションの粋を尽くされた英雄の決闘シーンや、眩いばかりに輝く壮大な宮殿を再現したCGは出てこない。何より ...

25年という人生に281句の自由律俳句を遺し、夭逝した俳人・住宅顕信(すみたくけんしん)の短い人生に肉薄した映画『すぶぬれて犬ころ』が、いよいよ名古屋でも公開となった。※よろしければこちらの記事もご覧ください※自由律俳人・住宅顕信が、よみがえる!本田孝義監督『 ...

長編映画初監督の『ゆらり』(2017年)を見事に成功させた横尾初喜監督の最新作『こはく』が、いよいよ名古屋でも公開が始まった。※よろしければ、こちらの記事もどうぞ※【想い出がとける時 横尾初喜監督×井浦新×大橋彰(アキラ100%)『こはく』レビュー】初日である7月13日 ...

芸術作品に触れる時、しばしば私たちは、作品よりも作者が気になってしまう。作家は、有名なのか。評価は、如何なのか。作品を観る眼も、感じ取る魂も持ち合わせない私たちは、値踏みをしてしまうのだ。だが、そんな下賤な行為を、超然と笑い飛ばす作品に出会うことがある ...

映画館のシートに身を沈める時、極上の幸せを味わう。そんな映画ファンは多いだろう。客電が暗くなり特報映像が流れると、必要に応じて目を閉じる。作品によっては、情報を極力入れたくない映画もあるのだ。暗くなっていた照明が消え、予告編が始まる。これから始まる素晴ら ...

峯田和伸の出演する映画は、何故こんなにも名作揃いなのだろう。『少年メリケンサック』(監督:宮藤官九郎/2009年)『USB』(監督:奥秀太郎/2009年)『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(監督:三浦大輔/2010年)『素敵なダイナマイトスキャンダル』(監督:冨永昌敬/2018年)特に、田口 ...

↑このページのトップヘ