カテゴリ:娯楽(映画) > 作品レビュー

『スイッチバック』ストーリーアルハム(バット・アルハム)は、外国籍の両親を持つ、中学生。特に打ち込むことがなく日々を漫然と過ごしていて、進路指導の用紙に書くべき将来を見つけられずにいる。チエミ(向山チエミ)もまた、両親ともに外国籍。絵が得意で自分らしくいたい ...

伝説のバンド「THE BAND(ザ・バンド)」は、1959年カナダで人気のロカビリー・シンガー、ロニー・ホーキンスのバックバンド、「ザ・ホークス」としてキャリアをスタートする。リヴォン・ヘルム(ヴォーカル、ドラム、マンドリン、ギター)にロビー・ロバートソン(ギター)が加 ...

ジャン=ポール・ベルモンド、1933年4月9日生まれ87歳。謂わずと知れたフランス映画界のスーパースターだ。誰もが顔を知る世界的スターだが、いざ思い返してみると、あなたはどんな映画を思い浮かべるだろうか?『勝手にしやがれ』の、セピア色のくわえ煙草のミシェルではな ...

「バカンス映画」というジャンルの作品がある。映画ファンはきっと、ジャック・タチの「ユロ伯父さん」や、エリック・ロメール監督の『クレールの膝』や『海辺のポーリーヌ』を思い浮かべることだろう。近年では、ギョーム・ブラック監督の『女っ気なし』なんて作品もある。 ...

映画には、登場人物の境遇、物語の展開などにより、主観でしか鑑賞できない作品がある。「これ、私だ!」そんな風にしか思えないような、映画がある。また、正視できぬ場面が続くあまり、客観視する以外に観ていられない映画もある。「傍観に徹してみたら、苦手だったスプラ ...

世界で一番、音楽を聴くのに相応しい場所は、どこだろう?こんな質問をしたとしたら、恐らく多種多様な回答が得られるに違いない。ベルリン・フィルハーモニーホール……ムジークフェライン……ボストンシンフォニーホール……東京オペラシティ・タケミツメモリアル……軍配 ...

今、映画界で最も重要な作り手の一人である、グザヴィエ・ドラン。記者もドラン作品は大好きなのだが、自分でも意外だったが弊サイトでドラン映画を紹介するのは、今回が初なのだ。せっかくなので、グザヴィエ・ドランについておさらいしておこう。グザヴィエ・ドランは、1 ...

「ヨカッタ ヨカッタ バラバラテンテン……」控室に、和太鼓の口唱歌(くちしょうが)が響き渡る。太皷表現師・時勝矢一路(じしょうや いちろ)は、長崎県の和太鼓サークル「瑞宝太鼓」に指導を行なっている。知的障がい者の余暇サークルとして発足した瑞宝太鼓は、今では年10 ...

2016年、富山県富山市で、議員報酬を見直す動きが活発となった。富山市長が審議会に諮問し、特別報酬を10万円引き上げる方向で議論は固まる。「富山市議の政務活動費が事実と異なる報告」という報道が駆け巡ったのは、そんな折だった。すっぱ抜かれた市議は「富山市議会の ...

↑このページのトップヘ