カテゴリ:娯楽(映画) > イベント情報

野本梢監督待望の新作『愛のくだらない』が、シネマスコーレ(名古屋市中村区椿町8-12 アートビル1F)で初日を迎えた。よろしければ こちらもどうぞ身につまされる愛おしさ/野本梢監督『愛のくだらない』レビュー 1月15日(土)、初日舞台挨拶ということで、野本梢監督、主演 ...

とあるシンガーソングライターは、かつてラジオで「表現する仕事に就いている以上、歌の内容が実体験だと思われてしまうのは仕方ないことだと思う」と語っていた。そう。作品には、多かれ少なかれ表現者の履歴が垣間見えるものだ。映画監督・野本梢の作品には、特にそんな ...

「2021年って、何の年?」そう問われたら、あなたは何と答えるだろう?もし人々からアンケートを取り、最大公約数(?)的な回答をまとめられたとするならば、きっとこんな感じではないかと思う。「去年から猛威を振るった新型コロナウイルス(COVID-19)による緊急事態宣言が ...

時代の古今を、そして洋の東西を問わず、河川をテーマとした作品は数多い。もちろん、映画もその例に漏れない。そんな「川ムービー」に、渡邉高章監督『土手と夫婦と幽霊』が新たに加わった。否、「新たに」と表現するのは、些か違和感を覚える。【第10回日本芸術センター主 ...

7月17日(土)~25日(日)、シアターカフェ(名古屋市東区白壁4丁目9)で開催される、【『のさりの島』公開記念 山本起也監督ドキュメンタリー作品特集上映】。『ジム』レビューは、こちらをどうぞ 今回は、『ツヒノスミカ』を紹介する。『ジム』が、青春から朱夏へと移らん ...

双子は、特に一卵性双生児は、他の家族、兄弟姉妹と比べても、結びつきが深い関係だという。少々オカルトめいた話になるが、たとえ一卵性双生児は離れた場所の異なる環境で暮らしていたとしても、奇妙なシンクロニシティを共有しあう存在だという。ならば、国さえも隔てて暮 ...

「ばあちゃん、オレオレ」それは、一本の偽りの電話から始まった、かりそめの祖母(原知佐子)と孫(藤原季節)の物語。『カミハテ商店』(2012年)に引き続き、山本起也監督が【北白川派】で撮り上げた最新作『のさりの島』。『のさりの島』山本起也監督インタビュー 天草市オー ...

【あいち国際女性映画祭 2020】招待作品、貞末麻哉子監督『普通に死ぬ ~いのちの自立~』。新型コロナウイルス(COVID-19)禍により公開延期が続いていた本作は、5月から待望のロードショーが再開されている。名古屋でも、6月5日(土)よりシネマスコーレ(名古屋市中村区椿町)で ...

モスクワの空港で2年にわたって飼い主を待ち続けた忠犬・パルマの姿を描いた日本とロシア合作による感動の実話『ハチとパルマの物語』の東京プレミアが5月25日(火)に開催。壇蜜、子役のアナスタシアが舞台挨拶に登壇したほか、本人役で映画に出演しているフィギュアスケー ...

ドキュメンタリー映画『普通に死ぬ ~いのちの自立~』が完成したのは、新型コロナウイルス(COVID-19)によりオリンピック・パラリンピックの延期が余儀なくされた2020年夏のことだった。【あいち国際女性映画祭 2020】で招待作品に選ばれた本作は、名古屋、東京、静岡、大阪 ...

↑このページのトップヘ