カテゴリ: 知的探求

国際芸術祭【あいち2022】一宮市会場で、特に目に留まったのが、塩田千春さんの作品群。「旧一宮市立中央看護専門学校」会場の、『標本室』「Cell(細胞)」シリーズを、思わせる。そして、「のこぎり二」会場のインスタレーション、『糸をたどって』【あいち2022】メイン会 ...

一枚の絵画を観ながら、連れと意見を交わした。具体的なモチーフから描かれた絵なのだから、これは具象画だと、私は言った。はなから抽象にするつもりで描かれているのだから、これは抽象画だと、連れは言った。名古屋市千種区鏡池通3-5-1にあるアートギャラリー、【gallery ...

トリエンナーレ改め、国際芸術祭【あいち2022】。一宮市会場、常滑市会場、有松会場、そしてメイン会場である愛知芸術文化センター(名古屋市東区東桜1丁目13−2)へと移ってきた当レポートも、今回で一旦の区切りとなる。芸文の地下2階、そして8階は、テーマ『STILL ALIVE ...

トリエンナーレ改め、国際芸術祭【あいち2022】。一宮市会場、常滑市会場、有松会場と巡ってきた当レポートも、いよいよ本丸・愛知芸術文化センター(名古屋市東区東桜1丁目13−2)。テーマ『STILL ALIVE』の真髄に肉薄した作品が一堂に会し、しかも作品によって様々なアプ ...

国際芸術祭【あいち2022】。サテライト会場の紹介も、今回がラスト。有松会場編をレポートする。有松地区では、12箇所以上の展示場所で、9組以上のアーティスト作品を観ることが出来る。街と一体となった、空間展示、ワークショップ展示が多いのも特徴だ。山田家住宅(旧山田 ...

国際芸術祭【あいち2022】、今回は常滑市会場編をレポートする。常滑市では6箇所以上の展示場所で、12組以上のアーティストの作品を観ることが出来る。テーマは、『STILL ALIVE』。旧丸利陶管デルシー・モレロスティエリー・ウッスグレンダ・レオンザ・リスニング・ハウスシ ...

愛知県で3年に一度開催されている国際芸術祭。タイトルをトリエンナーレ改め、【あいち2022】と、装いも新たに愛知県の複数会場で開催されている。今回のテーマは、『STILL ALIVE』。メイン会場は例年通り愛知芸術文化センターだが、今回は一宮市会場を訪れた。サテライト会 ...

2008年の開館以来、現代アートの若手作家を中心に、日本国内のコンテンポラリーアートの「いま」を発信し続けている、gallery N(名古屋市千種区鏡池通3-5-1)。2022年4月2日(土)~4月17日(日)、【ギャラリー N 映画展】が開催された。独自に短編映画の募集を行い、ギャラリー ...

名古屋市民ギャラリー矢田(名古屋市東区大幸南一丁目1番10号 カルポート東)で開催された、【ファン・デ・ナゴヤ美術展2022】。【ファン・デ・ナゴヤ美術展】とは、美術のファンをひとりでも増やそうと、文化基金「名古屋市市民文化振興事業積立基金」を活用し、平成10(1998) ...

当ゴチソー尾張ではお馴染み、「名古屋で一番新しい神社」、名古屋市中区大須3-4-13の【錦鯱神社】(きんしゃちじんじゃ)。※よろしければ、こちらもどうぞ※先月は【妖怪絵巻】シリーズの【壱】と【弐】を拝受したので、社主の錦鯱さんに御朱印の解説をしていただいた。※よろ ...

↑このページのトップヘ