カテゴリ: プチ学問

平成30年3月21日、愛知県は雨……しかも、土砂降りであった。そんな生憎の空模様ではあったが、牛頭山 宝寿院(愛知県津島市神明町)では、3月20・21日の2日間「弘法様まつり」が開催された。「最初に、私たちで「御詠歌」を唄います。私なんかは、「仏教版賛美歌」って言って ...

平成30年1月28日(日)、牛玉山 観音寺(津島市天王通り)にて護摩祈祷に参列することが出来た。護摩祈祷……護摩焚き、護摩供(ごまく)、護摩供養、護摩法要、様々な名称で呼ばれるが、日本の神社仏閣で行われる火を使った祈祷の一種である。大日如来、不動明王といった火に縁の ...

尾張の中枢・名古屋市から14km、移動時間にして30分の距離に津島市はある。津島市は愛知県中西部、海部津島地域の中心地で、人口は約6万人。木曽三川を渡る舟着場「津島湊」として鎌倉時代から発展し、戦国時代には織田信長の経済的基盤を支えたと伝えられる歴史の街である。 ...

【やっとかめ文化祭 2017】、【まちなか寺子屋】より『八雲の木彫り熊の世界』を聴講しました。講師は、八雲町郷土資料館・木彫り熊資料館の学芸員、大谷茂之(おおや しげゆき)さん。会場は、“感じる、考える人のための本屋”【ON READING】ギャラリー。やっとかめ文化祭 ...

尾張名古屋 秋の風物詩【やっとかめ文化祭】が、2017年も開催されています。「時をめぐり、文化を旅する、まちの祭典。」と銘打たれた名古屋の街を挙げての文化事業は、辻狂言などのストリート・パフォーマンス【芸どころまちなか披露】、古今を越えた芸能の特別興行が打た ...

↑このページのトップヘ