IMG_20240525_165211

1992年、福岡県飯塚市で2人の小学生が殺害された、所謂「飯塚事件」。
直接証拠が極めて少ない難事件の捜査に当たった福岡県警は、目撃証言、DNA鑑定などを元に容疑者を特定、送検する。
犯人とされた久間三千年(くまみちとし)は、2006年に最高裁で死刑が確定、2008年に「異例の早さ」で刑は執行された。
だが、翌年には弁護団から冤罪を訴える再審請求が提出され、死刑執行後にも拘わらず「飯塚事件」はまだ終わっていない――。

ドキュメンタリー映画『正義の行方』は、「飯塚事件」の弁護士、警察官、新聞記者、当事者家族ら、異なる立ち位置の関係者の証言を具に追い、多面的に日本の司法における「正義」の在り様を浮き彫りにしていく。

2024年5月25日(土)木寺一孝監督の舞台挨拶が急遽ナゴヤキネマ・ノイ(名古屋市千種区今池1丁目6−13 今池スタービル 2F)にて開催された。
満席に膨れ上がった客席を前に、木寺監督は何を語ったのか……レポートする。



正義は人の数だけあり、どこかに真実があるとは限らない。

あなたはドキュメンタリー映画『正義の行方』の中で、誰に正義を見出すのか。

そして、そこに真実は在るのか――。

IMG_20240525_16530120240525140740_IMG_5709

映画『正義の行方』

監督:木寺一孝
制作統括:東野真
撮影:澤中淳
音声:卜部忠
照明:柳守彦
音響効果:細見浩三
編集:渡辺政男
制作協力:北條誠人(ユーロスペース)
プロデューサー:岩下宏之
特別協力:西日本新聞社
協力:NHKエンタープライズ
テレビ版制作・著作:NHK
制作:ビジュアルオフィス・善
製作・配給:東風

2024年158分DCP日本ドキュメンタリー

『正義の行方』公式サイト

https://seiginoyukue.com/

ナゴヤキネマ・ノイ公式サイト

https://nk-neu.com/