国際芸術祭【あいち2022】一宮市会場で、特に目に留まったのが、塩田千春さんの作品群。

「旧一宮市立中央看護専門学校」会場の、
『標本室』

20220811131742_IMG_0545
20220811131657_IMG_0544
20220811131628_IMG_0543
20220811131318_IMG_0541
「Cell(細胞)」シリーズを、思わせる。

そして、「のこぎり二」会場のインスタレーション、
『糸をたどって』

20220811160254_IMG_0599
20220811155005_IMG_0582
20220811153835_IMG_0570
20220811153857_IMG_0571
20220811160553_IMG_0605
20220811153528_IMG_0566

【あいち2022】メイン会場である愛知県芸術文化センターに程近い、ケンジタキギャラリー()にて10月1日(土)まで開催されていた、塩田千春展『朝、目が覚めると』を訪ねた。

20221001121922_IMG_1248
20221001122030_IMG_1251

『朝、目が覚めると』
20221001121331_IMG_1246
20221001115937_IMG_1221
20221001114503_IMG_1202
中国・上海のホテルで、目覚めて最初に目に入ったものを描いたシリーズだという。
新型コロナウイルスによるパンデミック下の、2021年11〜12月頃の作品とか。



『上海での隔離』
20221001115243_IMG_1217
20221001114106_IMG_1187
20221001114046_IMG_1186
20221001114157_IMG_1190
こちらは、『朝、目が覚めると』との関連が深い作品群。
ホテルから出た風景も描かれているのが、印象的だ。

『宇宙とつながる』
20221001115015_IMG_1214
20221001113838_IMG_1179
20221001113824_IMG_1178
20221001113912_IMG_1181
身体を形成する微小な細胞の一つ一つは、今も私たちの中で増殖、減退を繰り返す。
そして、滅びてもなお、宇宙へと繋がる。


『不在の中の存在』
20221001120447_IMG_1237
20221001120304_IMG_1233
20221001120427_IMG_1236
20221001120331_IMG_1234
新作インスタレーション作品。
真白いベッドに、鮮血を思わせる赤い液体が、透明なチューブを通して、幾つかの小型ポンプで循環を繰り返している。


ドローイング、インスタレーションを含めて動画に纏めたので、レポート代わりに紹介する。



【あいち2022】は、10月10日までの開催。
塩田千春さんの作品は、一宮市会場にある。


【あいち2022】関連レポート:

愛知芸術文化センター(10階)
愛知芸術文化センター(地下2・8階)

一宮市会場

常滑市会場

有松会場