20210321202152_IMG_8975


長編デビュー作『BOY』(2019年)、短編映画『吉祥寺ゴーゴー』(2020年)と、シアターカフェ(名古屋市東区白壁4-9)では3月13日(土)〜3月21日(日)籔下雷太監督の特集上映が組まれていた。


※よろしければ、こちらもどうぞ※


初日の籔下監督と松木大輔さん(谷医師 役)に引き続き、上映最終日にも舞台挨拶が開催された


Screenshot_20210325-203104

登壇者は、籔下雷太監督、井口翔登さん(主演・佐藤晴人 役)、綾乃彩さん(心理士・澤役)、きだしゅんすけさん(『BOY』『吉祥寺ゴーゴー』音楽担当)。

Screenshot_20210325-201621

『BOY』『吉祥寺ゴーゴー』の撮影秘話が明かされた。


籔下雷太監督は、現在公開中の『まともじゃないのは君も一緒』(監督:前田弘二)でメイキングを担当しており、 「僕の映画で女性が強いのは、前田監督の影響もあるのかも」 と、語っていた。

シアターカフェで4月3日から始まる【前田弘二監督特集】を心待ちにする映画ファンも多いだろう。


井口翔登さんは【MOOSIC LAB 2020-2021】の『アポトーシス』(監督:橋本根大)にも出演されているとのこと。

こちらでは晴人とは「外見も内面も違う」そうなので、名古屋での上映が楽しみだ。


舞台挨拶で『吉祥寺ゴーゴー』の「パヤパヤ」劇伴の誕生秘話を聞かせてくれた きだしゅんすけさんに「70年代ドラマの『おくさまは18歳』みたいなスキャットで、楽しかったです」とお話させていただくと、

「そうです、そうです。あと、『寺内貫太郎一家』とか!」

と、答えてくれた。


『恋とさよならとハワイ』(監督:まつむらしんご/撮影監督:籔下雷太)、『哀愁しんでれら』(監督:渡部亮平)と、出演作が続く綾乃彩さん。

観客の女性から「谷先生って、人間臭くて好きでした」と言われ、

「なるほど、澤さんも谷先生を放っとけないと思ってるのかもしれませんね……いや、それはないな」

と、笑った。


Screenshot_20210325-202003

映画『BOY』

監督・脚本:籔下雷太


井口翔登

松木大輔、大咲レイナ、綾乃彩、伊藤羊子

中野貴啓、山本愛生、小川正利、村田美輪子

相馬有紀実、野口しゅうじ、酒井麻吏、窪正晴、安田博紀、大根田良樹


撮影:白川祐介、石津美樹

録音:内田達也 助監督:羽石龍平

制作:白田誠哉、田中佐知彦

音楽:きだしゅんすけ

プロデューサー:加藤啓介、今西祐子

製作・配給:ニューシネマワークショップ 

2019年/日本/78分


映画『BOY』公式サイト

https://www.ncws.co.jp/boy/


©ニューシネマワークショップ


Theater Cafe(シアターカフェ)公式サイト

https://theatercafe.jp